ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 178

日本の静かな田舎町、山間の風景が広がり、空気は澄んでいる。町の人々は穏やかな日常を送っていた。小さな商店街には活気があり、子供たちは元気に遊び回っていた。

町の外れには古びた寺院が佇んでいた。その寺院は何百年も前に建てられ ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 139

私は普通の高校生、佐藤健だ。毎朝6時に起きて、制服に着替え、母親が作ってくれた朝食を食べ、学校へ向かう。友人たちと笑い合い、授業を受け、放課後には部活動に勤しむ。そんな何気ない日常が、突然、終わりを迎えた。

夜0時になると ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 162

田舎の小学校、山田小学校は、地域の子供たちが集まる場所だった。毎日の給食は、子供たちにとって楽しみの一つだった。しかし、ある日突然、学校周辺で熊の目撃情報が相次ぐようになった。子供たちの安全が脅かされ、保護者たちは不安に包まれた。

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 138

私が住む田舎の村には、小さな駄菓子屋があった。「おばあちゃんの駄菓子屋」として知られるその店は、村の子供たちにとって憩いの場所だった。店主の古川おばあちゃんは、白髪で優しい笑顔が印象的な女性で、いつも親切に接してくれた。

...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 166

ある夏の日の午後、私は友人の佐藤健と一緒に近所のホームセンターに出かけた。健は背が高く、筋肉質な体型で、短髪の黒髪が特徴的だった。彼は私の親友で、何でも相談できる頼もしい存在だった。私たちは休日を利用して、日用品やDIY用品を買いに来 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 123

ある夏の蒸し暑い夕方、私は友人の山田亮介と共に居酒屋で一杯飲んでいた。亮介はいつも明るく、周囲を笑わせる才能があった。彼の黒髪は短く整えられ、瞳はキラキラと輝いていた。彼の笑顔は見る者を安心させ、私たちはいつも楽しい時間を過ごしていた ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 065

冬の冷たい風が吹きすさぶ中、小林恵子は家族とともに車を走らせていた。目的地は山間部のスキーリゾートで、家族全員が楽しみにしていた旅行だった。しかし、突然の大雪に見舞われ、視界が悪くなる中、恵子は慎重に運転を続けていた。

「 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 166

東京の忙しい街中で働く佐藤健一は、普通のサラリーマンだった。毎日同じように満員電車に揺られ、オフィスで仕事をこなし、夜遅く帰宅する。その日も例外ではなく、疲れた体を引きずって帰宅した健一は、ポストに入っていた携帯電話の請求書を手に取っ ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 187

大学の夏休み、友人たちと暇を持て余していた美咲は、ある夜に友人のアキラ、ナオ、サヤと一緒に集まった。四人はアキラの家で夜更かしを楽しみながら、怖い話をし合っていた。

「こっくりさんって知ってる?」ナオが突然言い出した。「あ ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 021

田舎の小さな村に引っ越してきたシナモンは、都会の喧騒を離れて新しい生活に胸を躍らせていた。背が高く、栗色の髪をポニーテールにまとめたシナモンは、その愛らしい笑顔で村の高校にすぐに溶け込んだ。

ある日、クラスメイトのタクミと ...