ChatGPT

Thumbnail of post image 030

ランダムな怖い写真を生成するGPTをてきとうに作って試してみました。
場所と時間帯をランダムに決定した後、その場に似つかわしくない物や人物を付け加えるという手順で写真を生成するようになっています。
写真のタイトルと解説 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 126

東京都の下町に住む佐藤信也は、平凡な高校生だった。彼は平均的な成績で、目立つこともなく、友人と過ごすことが多かった。そんな彼の毎日は、学校と家の往復だけで成り立っていた。しかし、その日、彼の帰り道はいつもと違っていた。

夕 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 020

日本の静かな田舎町、山間の風景が広がり、空気は澄んでいる。町の人々は穏やかな日常を送っていた。小さな商店街には活気があり、子供たちは元気に遊び回っていた。

町の外れには古びた寺院が佇んでいた。その寺院は何百年も前に建てられ ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 183

私は普通の高校生、佐藤健だ。毎朝6時に起きて、制服に着替え、母親が作ってくれた朝食を食べ、学校へ向かう。友人たちと笑い合い、授業を受け、放課後には部活動に勤しむ。そんな何気ない日常が、突然、終わりを迎えた。

夜0時になると ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 004

田舎の小学校、山田小学校は、地域の子供たちが集まる場所だった。毎日の給食は、子供たちにとって楽しみの一つだった。しかし、ある日突然、学校周辺で熊の目撃情報が相次ぐようになった。子供たちの安全が脅かされ、保護者たちは不安に包まれた。

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 135

私が住む田舎の村には、小さな駄菓子屋があった。「おばあちゃんの駄菓子屋」として知られるその店は、村の子供たちにとって憩いの場所だった。店主の古川おばあちゃんは、白髪で優しい笑顔が印象的な女性で、いつも親切に接してくれた。

...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 150

ある夏の日の午後、私は友人の佐藤健と一緒に近所のホームセンターに出かけた。健は背が高く、筋肉質な体型で、短髪の黒髪が特徴的だった。彼は私の親友で、何でも相談できる頼もしい存在だった。私たちは休日を利用して、日用品やDIY用品を買いに来 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 119

ある夏の蒸し暑い夕方、私は友人の山田亮介と共に居酒屋で一杯飲んでいた。亮介はいつも明るく、周囲を笑わせる才能があった。彼の黒髪は短く整えられ、瞳はキラキラと輝いていた。彼の笑顔は見る者を安心させ、私たちはいつも楽しい時間を過ごしていた ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 053

冬の冷たい風が吹きすさぶ中、小林恵子は家族とともに車を走らせていた。目的地は山間部のスキーリゾートで、家族全員が楽しみにしていた旅行だった。しかし、突然の大雪に見舞われ、視界が悪くなる中、恵子は慎重に運転を続けていた。

「 ...

ChatGPT,怖あい話

Thumbnail of post image 051

東京の忙しい街中で働く佐藤健一は、普通のサラリーマンだった。毎日同じように満員電車に揺られ、オフィスで仕事をこなし、夜遅く帰宅する。その日も例外ではなく、疲れた体を引きずって帰宅した健一は、ポストに入っていた携帯電話の請求書を手に取っ ...